昭和天皇と戦争の世紀

個数:
  • 電書あり

昭和天皇と戦争の世紀

  • ウェブストアに在庫がございます。通常1-3日以内に発送いたします。
    ※在庫切れ等により、納期遅延やご入手不能となる場合も少数ながらございます。予めご了承ください。
    ※複数冊ご注文の場合は、1-3日以内に発送できない可能性がございます。
  • この商品は、国内送料無料でお届けします。
  • ※「帯」はお付けできない場合がございます。
  • サイズ B6判/ページ数 422p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784062807388
  • NDC分類 288.41
  • 電子版価格 ¥2,052

内容説明

二十世紀幕開け、明治天皇の初皇孫として誕生した迪宮裕仁。生涯に三度焦土に立つことになる近代立憲制下の天皇は、激動の時代にあっていかなる役割を担うことになったのか。伊藤博文が制度化に尽力した君主の無答責性は、大正デモクラシーや軍の政治化により変容を迫られる。動揺する国際情勢のなか七千万同胞の中心として歴史の「動力」となった昭和天皇と時代の特質を究明する。

目次

序章 昭和天皇とその時代
第1章 大正期の政治と宮中の活性化
第2章 昭和の船出と激動する世界
第3章 内なる戦い
第4章 大陸と太平洋を敵として
終章 戦いすんで

著者紹介

加藤陽子[カトウヨウコ]
1960年生まれ。東京大学大学院博士課程修了。現在、東京大学大学院人文社会系研究科教授。専攻は日本近代史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

三度焦土に立つ運命に生きた天皇の20世紀皇太子時代に第一次大戦の戦場を訪れ、摂政として関東大震災の被害を視察、東京大空襲の焦土にも立つ。総力戦の悲劇を知りながら開戦した背景と戦後の退位論とは