岩波文庫<br> 折口信夫古典詩歌論集

個数:

岩波文庫
折口信夫古典詩歌論集

  • ウェブストアに在庫がございます。通常1-3日以内に発送いたします。
    ※在庫切れ等により、納期遅延やご入手不能となる場合も少数ながらございます。予めご了承ください。
    ※複数冊ご注文の場合は、1-3日以内に発送できない可能性がございます。
  • 1,500円以上ご注文頂きますと、国内送料無料でお届けします。
  • ※「帯」はお付けできない場合がございます。
  • サイズ 文庫判/ページ数 426p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784003118641
  • NDC分類 911.02

内容説明

「私にとっては寧ろ解釈することが創作する事の様にすら感じられる。」国文学者・民俗学者にして歌人・詩人、比類ない業績をのこした折口信夫(1887‐1953)。学問と創作との双方を、「うた」がつらぬく―「叙景詩の発生」「女房文学から隠者文学へ」など、文学史を構想し、一首を読みぬく「折口学」の精髄13篇を収録。注を付す。

目次

叙景詩の発生
短歌本質成立の時代―万葉集以後の歌風の見わたし
女房文学から隠者文学へ―後期王朝文学史
古歌新釈
古代民謡の研究―その外輪に沿うて
古代民謡の研究
難解歌の研究
誹諧歌の研究
誹諧の発生―農村に於けるかけあい歌
山の音を聴きながら(東歌抄)
文学に於ける虚構
評価の反省
詩歴一通―私の詩作について

出版社内容情報

「私にとっては寧ろ解釈することが創作する事の様にすら感じられる。」学者にして詩人、ともに比類ない業績をのこした折口信夫が生涯その中核においた歌。遥かに見透しまた限りなく近く、鋭敏な眼は三十一文字に沈潜し読みひらく。「叙景詩の発生」「隠者文学から女房文学へ」など様々な視角から論じた全13編を収録、注を付す。