貧困待ったなし!―とっちらかりの10年間

個数:
  • ポイントキャンペーン

貧困待ったなし!―とっちらかりの10年間

  • ウェブストアに在庫がございます。通常1-3日以内に発送いたします。
    ※在庫切れ等により、納期遅延やご入手不能となる場合も少数ながらございます。予めご了承ください。
    ※複数冊ご注文の場合は、1-3日以内に発送できない可能性がございます。
  • この商品は、国内送料無料でお届けします。
  • ※「帯」はお付けできない場合がございます。
  • サイズ B6判/ページ数 171,/高さ 19cm
  • 商品コード 9784000245159
  • NDC分類 368.2

内容説明

「お金がない」「住まいがない」「頼れる人がいない」…貧困の現実を前に、どう動いたか。常に問題の最前線に立ち続け、保証人提供以外に、生活困窮者の方々への相談支援や、生活保護申請への同行支援、居場所作りなどを行ってきた“もやい”。年越し派遣村以後、相談窓口に生活困窮者の方々が殺到、野戦病院化した“もやい”は運営の危機を迎える。その危機は、どうやって乗り越えられたのか。スタッフたちが語る、等身大のストーリー。

目次

1 前史から派遣村まで(ホームレスの連帯保証人になる―“もやい”設立までと、その後;居場所を作る―人間関係の結び直し;「グリーンネックレス」―女性のための居場所;生活相談の変遷―当事者スタッフの視点から)
2 派遣村(インタビュー“もやい”と社会―派遣村の経験を中心に)
3 派遣村以降(野戦病院化と綻びるつながり―リーマン・ショックと派遣村;腹を割って話し合う―有給化、ジェンダー問題;お墓を作り、被災地に出向く―ジレンマを抱えながら)

出版社内容情報

ホームレスへの連帯保証人提供から始まった〈もやい〉は,常に貧困問題の最前線に立ち,活動を広げてきた.だが派遣村以後,相談の激増がもたらした組織存続の危機を,彼らはどう乗り越えたか.メンバーが率直に語る活動の軌跡からは,貧困問題の現実,社会保障制度の矛盾,そしてこの10年の日本社会の姿が浮かび上がる.