紀伊國屋書店

教育・研究のためのインターネット書店 BookWeb Pro

h_line1

h_line3

h_line.gifHOME ENGLISH

[学術資料] [教育・研究機関向けソリューション]

GALE
CENGAGE Learning

「長い19 世紀」を俯瞰する第一級の資料群!

Nineteenth Century Collections Online

Archive 10 児童文学、児童関連文献、幼少期
“Children's Literature and Childhood”



ヨーロッパおよび北米の児童文学に関連するテキストを提供します。
児童文学には、その時々の社会の倫理的、社会的、経済的、政治的ジレンマが反映されますが、本アーカイブでは、児童向け文学や定期刊行物の発展、幼年期の解釈の変遷、児童文学の人気の変遷、法的・社会的な幼年期の定義、教育システムや資料の発展、児童を対象とした法律の発展等、この時期に成長を遂げた児童文学および幼少期に関わる学術的関心を取り上げ、19世紀における社会的な価値、関心事、教育に対する洞察を提供します。

センゲージ ラーニング社のサイトもご覧ください。 ◆

収録内容

◆本アーカイブに含まれる主なコレクション

  • Childhood in the Nineteenth Century: Records from the Home Office
    (19世紀における幼少期:英国内務省記録)
    • ♦収録資料:手稿
      ♦言語:英語
      ♦提供機関:英国キューの国立公文書館

  • Child Welfare and Reform: Records from the Ministry of Health and Department of Health and Social Security(児童福祉と改革:英国保健省記録)
    • ♦収録資料:手稿
      ♦言語:英語
      ♦提供機関:英国キューの国立公文書館

  • Education in the Nineteenth Century: Records from the Department of Education and Science (19世紀の教育:英国教育科学省記録)
    • ♦収録資料:手稿
      ♦言語:英語
      ♦提供機関:英国キューの国立公文書館

  • The History of Education: Education and Social Issues
    (教育の歴史:教育と社会問題)
    • ♦年代:年代:18世紀後半-20世紀
      ♦収録資料:モノグラフ
      ♦言語:英語、ドイツ語、スペイン語/イタリア語、デンマーク語
      ♦提供機関:様々な情報源
    貧困、教育、禁酒、少数派や移民の教育、少女の教育、都市部以外の地域の教育、教育と犯罪、教育社会学、家庭教育等の主題を含みます。教育者や改革者の視点を通じて、主要な社会の問題と状況に関する洞察力のある視点を提供します。
    Primary Source Media's History of Education提供、長い19世紀を対象とした本コレクションは、もとはマイクロフィッシュで提供されていたものです。ドイツ語の作品を提供し、この時代のドイツの学者の教育哲学に対する貢献を反映します:"Education of the Rural Poor, Relations of Education and Industry to Crime and Pauperism"、"Child Saving vs. Child Reform"といった英語やロマンス諸語のタイトルも含みます。

  • The History of Education: Education of the Handicapped
    (教育の歴史:障害者教育)
    • ♦年代:18世紀-20世紀初頭
      ♦収録資料:モノグラフ
      ♦言語:英語、ドイツ語、スペイン語/イタリア語、デンマーク語
      ♦提供機関:様々な機関より提供
    主要な教育者や権利擁護者による150以上のモノグラフを提供します。障害を抱えた子どもの処遇は時代や文化によって様々です。本コレクションでは、“backward” “feeble-minded”“defective”といった表現で語られた子供たちを含む、様々な障害に焦点を当てたモノグラフを提供します。レッテルを張られた子供達は、教育を受けるために多くの障壁に直面しましたが、個人、教育者、権利擁護団体が、サービスが行き届いていない人々に教育を受けさせるために活動しました。
    Primary Source Media's History of Education提供、長い19世紀を対象とした本コレクションは、もとはマイクロフィッシュで提供されていたものです。ドイツ語の作品を提供し、19世紀のドイツの学者の教育哲学に対する貢献を反映します。英語やロマンス諸語のタイトルも含みます。特筆すべき著者には、Michael Anagnostopoulos、Alexander Graham Bell、Daniel Gottlieb Moritz Schreberが含まれます。障害を持つ子供たちへの姿勢や対応方法に関する情報を提供します。

  • The History of Education: Psychology (教育の歴史:心理学)
    • ♦年代:18世紀後半-20世紀初頭
      ♦収録資料:モノグラフ
      ♦言語:英語、ドイツ語、スペイン語/イタリア語、デンマーク語
      ♦提供機関:様々な機関より提供
    20世紀への転換期、心理学上の知識と関心が西欧およびアメリカ合衆国で急速に高まり、それらの研究や文学が教育を含む多くの分野に影響を与えました。Primary Source Media's History of Education提供、本コレクションは、もとはマイクロフィッシュで提供されていたものです。教育者が学習プロセスを理解するのに影響を与えた心理学的調査方法への洞察を提供します。
    本コレクションは、ドイツ語の作品を提供し、19世紀のドイツの学者の教育哲学に対する貢献を反映します。英語やロマンス諸語のタイトルも含みます。Johann Friedrich Herbart等の主要な学者から、あまり知られていない教育者まで収録されています。近代調査・理論の枠組の一部を提供します。

  • Learning and Leisure: A Selection of Children's Literature from the British Library (学習と余暇:大英図書館提供、児童文学選集)
    • ♦年代:1685-1921
      ♦収録資料:モノグラフ
      ♦言語:英語、フランス語、ドイツ語、ロシア語
      ♦提供機関:大英図書館
    識字率が向上し、労働者階級の労働時間短縮や子どもの義務教育の推進等が行われた19世紀、労働者、女性、子供等、新たに登場した読者層による新聞、雑誌、小説への需要が高まります。教育への期待も高まり、低所得もしくは都市部以外の地域に住む子供たちへの教育の機会も少しずつ拡大していきます。これらの社会的な変化は、出版産業にとっては恩恵となりました。
    本コレクションの大部分は英語の資料で、多くが教育目的で書かれたものです。
    • 18世紀末にメアリ・ウルストンクラフトによって刊行された若い女性向けの文学作品アンソロジー:時代に先駆け、少女の教育について考察。
    • ホジソン・バーネット著「小公子」。1885年11月から1886年10月にSt. Nicholas Magazineで連載。
    • 娯楽書、民話、おとぎ話 等。

  • Selections from the Baldwin Library Collection of Historical Children’s Literature (ボールドウィン図書館 歴史的児童文学コレクション選集)
    • ♦年代:1850-1869
      ♦収録資料:モノグラフ
      ♦言語:英語
      ♦提供機関:ボールドウィン図書館 歴史的児童文学コレクション、フロリダ大学 ジョージ・A. スマザース図書館
    フロリダ大学所蔵、傑出した初期児童書コレクション提供。子ども向けの文章が劇的に拡大・変容した19世紀、膨大な範囲の児童文学、教育テキストを提供し、この時代の若い読者が手に取った多彩な書物の世界を示します。詩、初歩読本、トイ・ブック、戯曲、おとぎ話、祈祷書、指南書、歴史、模範的な評伝、科学テキスト、小説等、幅広いスタイル、形式、ジャンルの作品を多数とりあげます。
    • 「ロビンソン・クルーソー」の諸版や類似の作品、おとぎ話、「不思議の国のアリス」「天路歴程」といったランドマーク的な作品の諸版。「ロビンソン・クルーソー」や「天路歴程」は、18世紀以前に発表された作品ですが、19世紀に入ってからも広く読まれました。本コレクションでは、18世紀に書かれた児童書のパイオニア的な作品の19世紀の版を複数収録します。
      • Isaac Watts著”Divine Songs Attempted in Easy Language for the Use of Children” (1715)
      • Anna Laetitia Barbauldの作品。大型のフォントを利用し、1-2音節の単語を文中に用いました。
      • Maria Edgeworthによる教育的な論文(Practical Education, 1798)や若い読者向けの物語 (The Parent's Assistant, 1796)
      • Lady Ellenor Fenn(“Mrs. Lovechild”や“Mrs. Teachwell”の名前で執筆)著”Cobwebs to Catch Flies (1783)”。子ども向けの教育的な文章の中で会話スタイルが用いられた初期の例です。
    • 児童向け読み物雑誌。アメリカの児童向け読み物雑誌St. Nicholasは、最も優れた少年少女雑誌として高い評価を受けており、オールコット、トウェイン、バーネット、スティーヴンスン、キップリング等、多くの著名作家が寄稿しています。
    • 19世紀に主流となった少年向け(しばしば植民地の)冒険小説。
      • 子ども向けの冒険・歴史小説で人気を博したCaptain Marryat、G.A. Henty、R.M. Ballantyneらの作品。例えばBallantyneの作品は30以上収録、その大半で複数の版を提供します。
      • W.H.G. KingstonやThomas Mayne Reid等、あまり有名でないが、多作な作家の作品や、Anne Bowmanのように、男性的な作品とみなされた女性の作品等。
    • 当時最も人気があった多作な子供向けの英語フィクションを書いた作家の作品。
      • イギリスのJuliana Horatia Ewingによって書かれた若い読者向けの詩や物語。若き日のラドヤード・キップリングやイーディス・ネズビットも彼女のファンでした。
      • 人気を博したいなかの女性Matilda Anne Mackarness(ペンネームMrs. Henry S. Mackarness)著“Sunbeam Series”。19世紀半ばの最も多作な児童文学作家のひとり。
      • Charlotte Tucker(ペンネーム“A.L.O.E”(“A Lady of England”))の作品。

    本コレクションの核心をなすのがアメリカの児童文学コレクションです。ボールドウィン図書館は、初期アメリカの児童文学コレクションに定評があります。現在あまり有名でない作家による作品も多数含まれます。

      • William Taylor Adams(ペンネーム“Oliver Optic”)。マサチューセッツ州議会議員で、主に少年向けの作品を数10も書きました。“Riverdale Stories”、“Young America Abroad”、 “Upward and Onward”等の人気シリーズも含みます。
      • Harriette Newell Woods Baker(ペンネーム“Mrs. Madeline Leslie”、“Aunt Hattie”等)。200もの若い読者向けのフィクション作品を発表。
      • Jacob Abbott。Bakerに匹敵する量の作品を発表。“Rollo”は、特に人気を博しました。
      • Samuel Griswold Goodrich。”Peter Parley”シリーズで知られています。
      • 宗教的な傾向の強い作品。Elizabeth Prentiss著”Stepping Heavenward”、Daniel Wise著”Pleasant Pathways; or, Persuasives to Early Piety”等。
      • 奴隷廃止論者の作品。Harriet Beecher Stowe、Lydia Maria Child、Eliza Lee Cabot Follen他。
    • 想像的な作品や多彩な種類の指南書。
      • 多くの教育的な作品を書いたFavell Lee Mortimerによる地誌”Far Off; or, Asia and Australia Described”、宗教書”The Peep of Day”、読み書き教本“Reading Without Tears”。
      • J.G. Wood。若い読者向けに自然科学、特に動物の美しいイラスト入りの作品を書きました。
      • 19世紀前半の動物学者、植物学者Sarah Bowdich Lee(ペンネーム“Mrs. R. Lee)。大人、子供の両方に向けたポピュラーサイエンスに関する本を出版。
    • この時代のイラストレーターの作品が掲載された本。
      言葉とイメージの両面から19世紀の児童向け印刷文化を俯瞰することができます。
      • Randolph Caldecott。アメリカで毎年優れた絵本に対して贈られるコールデコット賞は、彼の名を冠したものです。
      • Walter Crane。アーツ・アンド・クラフツスタイルは、19世紀後半の児童書のイラストに決定的な影響を与えました。
      • George Cruikshank。グリム童話の挿絵がおとぎ話のシンボル的存在になりました。
      • Kate Greenaway。牧歌的でノスタルジックな子供のイラストが、CraneやCaldecottにも匹敵する人気を博しました。
      • Richard Andre(ペンネームWilliam Roger Snow)。あまり有名ではないものの、Julianna H. Ewingの本の多くを含む、数百もの児童書に挿絵を描きました。
      • Gordon Frederick Browne(Hablot Knight Browneの息子。チャールズ・ディケンズのイラストレーター“Phiz,”として知られる)。そのイラストはG.A. Henty、Andrew Lang、L.T. Meade、E. Nesbit等の重要な作家の本を飾りました。
      • Palmer Cox。カナダのイラストレーター。いたずら好きで、細長い脚がトレードマークの“Brownies”シリーズは、1980年代に広く商業利用されました。
      • Harrison Weir。動物のイラストが、若い読者向けの自然科学関連の作品や動物物語、子供向けの絵本を飾りました。
      • 19世紀の書物のイラストは、彫版工による作品です。この分野の主要な人物Dalziel兄弟やEdmund Evansの作品を収録。


ご契約形態

大学等、教育機関様へのご提供となります。
  • 買切契約:同時アクセス数無制限
    • ご購入時に発生する買切価格の他、1年目より、毎年維持料金(Hosting Fee)がかかります。
    • 複数アーカイブセット契約価格もご用意しております。
  • 別途 MARC レコードもご購入いただけます。
※個別にお見積り申し上げます。もよりの弊社営業所までお問い合わせください。


センゲージラーニング社のWEB商品は無料トライアルが可能です。
学術情報商品部雑誌・電子商品課または最寄りの営業所までお問い合わせください。


本ページに記載されている製品名などは一般に各社の商標または登録商標です

お問い合わせは学術情報商品部雑誌・電子商品課または最寄りの営業所まで

kino02

株式会社紀伊國屋書店 学術情報商品部 雑誌・電子商品課
〒153-8504 目黒区下目黒3-7-10
Tel 03-6910-0518 Fax 03-6420-1359 Email online@kinokuniya.co.jp

[学術資料]   [教育・研究機関向けソリューション]   [営業所一覧]   [前に戻る]


Copyright by Kinokuniya Company Ltd.